トイレの騒音を抑えるための簡単な方法5選!静かに使うコツも紹介

生活

トイレの騒音は誰もが一度は悩んだことがある共通の問題です。公共施設では音楽装置が設置されていることがありますが、自宅や職場ではそうした設備がなく、不快感を覚えることも少なくありません。

安心してください。騒音を減らす方法はたくさんあります具体的な対策としては、次のような方法が考えられます。

  • ポータブル音楽装置を使う
  • スマートフォンアプリを活用する
  • 家庭用に音楽装置を設置する
  • 防音壁でのリフォーム
  • 遮音テープで隙間を塞ぐ

これまでトイレで水を流し続けて騒音を隠していた人も、これらの方法を試すことで、資源を節約しつつ快適な環境を手に入れることができます。

この記事では、トイレの騒音を軽減する5つの方法と、音を立てずに用を足すコツ、トイレの音に関する一般の認識や音の伝わりやすさについても詳しく解説しています。

これでトイレでのストレスが減少し、快適なトイレタイムが実現できるでしょう。

トイレの音に悩む方へ!簡単に騒音を抑える5つの方法

家庭でのトイレの音は家族と話し合えば解決しやすいものですが、他人の家や職場でのトイレの使用は別問題です。「トイレの音が気になるけれど、他人の家で無闇に水を使いたくない」と感じる方も多いでしょう。そんな方に向けて、簡単に騒音を抑える方法を5つ紹介します。どれも試しやすく、自分に合った方法を見つけてみてください。

①携帯用音消しデバイスの活用

持ち運び可能なポータブル音消しデバイスは、外出先でも使えて便利です。これらのデバイスは手のひらサイズで、バッグにも簡単に収まります。デバイスにはキーホルダーやストラップタイプがあり、電池が必要なものや音の大きさが選べる製品もあります。購入時は他のユーザーのレビューを参考にすると良いでしょう。これを持っていれば、訪問先でさりげなく使え、心地よくトイレを利用できます。トイレの音に敏感な時期を迎える子どもたちにも大いに役立ちます。

②スマートフォンアプリの利用

最新のスマートフォンアプリには、トイレの音を抑える機能が搭載されています。これらのアプリはほとんどが無料で提供され、追加の出費を抑えたい方にとって理想的です。

③自宅用サウンドマスキングデバイスの設置

自宅にもサウンドマスキングデバイス(音姫)を設置することができます。これらのデバイスはホームセンターやオンラインショップで手軽に購入でき、訪問者がいる際にも家庭内のプライバシーを守るのに役立ちます。

④自宅用防音壁紙の施工

自宅の壁に防音壁紙を施すことも、音の拡散を抑える効果的な方法です。DIYでの施工も可能ですが、完璧な仕上がりを求める場合は専門のプロに依頼することをお勧めします。防音シートと吸音シートを併用すると、さらに効果が高まります。

⑤自宅用防音・遮音テープの使用

音は意外と簡単に隙間から漏れるため、防音・遮音テープを使って隙間を塞ぐことで効果的に音漏れを防げます。このテープは結露防止や防風対策にも使われますが、防音対策としても非常に有効です。ホームセンターやオンラインショップ、100円ショップなどで手軽に入手できます。

世界的に見て、音に対する敏感さはどうなのか?

世界に目を向けると、音に対して敏感でない文化もありますが、自分や他人への配慮として音に気をつけることは良い習慣と言えます。オーストラリアの友人には「なぜそんなに気にするの?」と驚かれることもありますが、これはおそらく日本独自の文化の一部です。外国人にとっては、音姫のような装置は新鮮で興味深いものです。

自宅での静かなトイレ利用方法は?

公共のトイレでは一般的に音を消す装置が設置されていますが、自宅ではそのような装置がないことが多いです。家庭での静かなトイレ利用に役立つ方法にはどのようなものがあるでしょうか?

トイレットペーパーで音を軽減する方法

トイレットペーパーを上手に使うことで、トイレの音をかなり減らすことができます。この方法は水の節約にもつながります。

具体的な手順は以下の通りです

  1. トイレットペーパーを少量取り、丸めます。
  2. 丸めたペーパーを便器の中で排泄物が直接落ちる場所に置きます。
  3. 少し前の位置に座ると、操作がしやすくなります。 この方法を用いると、音が大きく減少し、他人に気づかれにくくなります。

無駄な水使用は避けよう

かつては音を消すためにトイレで水を流し続ける人も多かったですが、水は非常に貴重な資源です。トイレを使用する際の水の消費量は、一回で約12~13リットルとなります。これをペットボトルに換算すると、約25本分の水が無駄になってしまいます。不要な水の使用は環境にも悪影響を及ぼすため、避けるべきです。

トイレの音に敏感な人はどれくらいいるのか?

私たちの中で音消し装置を日常的に使用している人がいますが、実際にどれくらいの人がトイレの音に敏感なのでしょうか?

約60%の人がトイレの音を気にしている

TOTOが2014年に行った調査によると、「音消し装置を利用したことがありますか?」という質問に対し、半数以上の人が「はい」と回答しました。さらに詳しく見てみると、女性は約90%、男性でも約20%が音消し装置の使用経験があると答えています。この結果から、トイレの音を気にする人が全体の約60%にも上ることがわかります。特に女性の9割以上が音に敏感であるという事実は驚きです。

音消しの歴史は意外に古い

音消しのアイデアは新しいものではありません。実は江戸時代にも「音消しの壺」というものが存在しました。この壺は高い身分の女性が使用し、水を入れた青銅製の壺に手動で操作する栓があり、栓を抜くと水の音がしてプライバシーを守っていました。このように、古くからプライバシーを保つための工夫がされていたのです。

建築材料による音の伝わりやすさ

建築材料によって、音の伝わりやすさが異なります。木造の建物は音が伝わりやすく、鉄筋コンクリート製の建物は比較的音が伝わりにくいとされています。木造の家に住む方は、隣人に音が漏れる可能性が高いため、窓や換気扇を閉めて使用することが推奨されます。

まとめ

トイレの音を気にしないためには、携帯用の音消し装置を持参する、スマホアプリを利用する、自宅に音消し装置を設置する、防音壁でリフォームする、防音・遮音テープを使うなどの方法が有効です。これらの対策を活用して、快適なトイレタイムを実現しましょう。

この記事をお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました